« 温泉入浴による差別化の取り組みも40年目に | メイン | 慌しい平成25年度がスタート »

萩谷順氏と久しぶりにテレビ対談

 3月30日、ジャーナリストで法政大学教授の萩谷順氏と久しぶりにテレビ対談を行った。「元気な高齢者や女性が社会保障の受け手から支え手に」、変わらなければ深刻な介護難民の出現は明らか。そして、私がいつも述べている「すり鉢の底論」、つまり、限界集落化した中山間地で生活できないので、街中の平地に移住せざるを得ない。「住民を集約したコンパクトシティ」をつくる必要性や「高齢者が主役の街づくり」を急がなければならないと申し上げた。
 対談は充実した内容となった。

rizichoublog.jpg



投稿者 keiroen : 2013年03月31日 11:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.keiroen.or.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4137


TOP PAGE