モンスターカレンダー

« 2015年2月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728

自業自得で不自由な右手指の毎日に

 寒い毎日、長野県北部以北は、例年の2倍の積雪という。体調面の管理が気にかかる。
 私的な話をすると今、右変形性肘関節症と右の尺骨神経麻痺にて薬指・小指のシビレが続き、親指・人差し指によるペンや箸を保持することが難しい状態。
 指に力が入らず、食事のときはホークやスプーンに依存している。
 元々、学生時代から社会人までバレーボールや野球で肩や肘、腰等を酷使してきた。昨年、健康年齢(日本人の平均71歳)にあと5~6年となり何かスポーツをと考えていた矢先に、友人からゴルフを進められた。この20年間ほど年2~3回お付き合い程度しかしてこなかったが、時間を見ては練習場やコースへ出かけた。
 不器用な私ゆえ「力みが肘に衝撃」を与え、結果として右肘に痛みを感じる毎日となってしまった。昨年10月頃から当法人が運営するクリニックの整形外科の院長に受診。ゴルフ前に痛み止めの注射をしてもらいコースに。継続して痛みに耐える毎日に加え、1月、尺骨神経に傷をつけてしまいトータルで5ケ月ほど不自由な毎日を送っている。
 右肘の可動域が狭く、洗顔、歯磨き、ネクタイを締めたりするに大変な毎日。洗濯バサミが摘まめない等「情けない」と自分に言い聞かせている。
 何気なく不自由を感じず行動していた今までと異なり、創意工夫で代用を試みることと、「この程度の不自由」は何だと。リハビリの病院勤務が長かったので多くの片麻痺の方や介護サービス利用の方と比較すれば大したことないと思っている。
 少しずつ良い方向に向かっているような気がするので、手術は避けたい。
 今朝、蕗味噌を食した。季節を感じることなく過ごす日々、久しぶりに春を感じると共に、10年ほど前まで過ごした実家を思い出した。