モンスターカレンダー

« 2021年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

すわべ敬老園の最近のブログ記事

感謝に感謝!! ★すわべ敬老園★

コロナ感染症の対策を図って、1年以上が経過しました。

入居者様の面会は、オンラインの活用や玄関エントランスでの

窓越し面会に形を変えて、定着してきたように感じます。

先日、あるご家族から寄せ植えを頂戴しました。

よく見ると黄色いリボンがつけられ

いつもありがとうございます。感謝と書かれていました。

DSC08970.JPG

DSC08979.JPG

出口の見えないコロナ禍で精神的疲れを感じている方も

多いのではないでしょうか。

それは施設職員だけでなく、どの職場におかれてもそうだと思います。

綺麗な花を見て心が癒され、感謝という言葉が私達の励みになりました。

お気遣いいただき、本当にありがとうございます。

クリスマス会 ★すわべ敬老園★

 年末年始の寒波が過ぎ、あっという間に1月となりました。

 12月24日にクリスマス会を行いましたので

 遅くなりましたが、その様子をお伝えしたいと思います。

  

 今回の主な内容は

 ★リース作り

 (職員が土台を作り、飾りつけをお願いしました)

 IMG_0551.jpg

 IMG_0619.jpg

 

 ★手作りのクリスマスカードのプレゼント

 ★おやつに「ショートケーキ&シャンメリー」の提供

  DSC08300.jpg

  DSC08344.jpg

 

  DSC08372.jpg

 

  DSC08356.jpg

 去年まではボランティア様によるギターとハーモニカの演奏で

 館内を盛り上げていただきましたが、残念ながら今年度は縮小

 となりました。

 
 短時間ではありましたが、入居者様からは笑顔や

「今日はご馳走だね。」「ありがとう。」と言葉が聞かれ、

 縮小した内容ではありましたが、ある程度満足していただけたかなと

 実感することができました。

 

 

 

絵馬作り ★すわべ敬老園★

 新年あけましておめでとうございます。

 すわべ敬老園では静かな2021年を迎えました。

 入居者の皆様は元気にお過ごしです。

 

 施設内はお正月飾りで更に明るくなった気がします。

  DSC08576.jpg DSC08577.jpg

 DSC08578.jpg

  

 元旦から絵馬作りに挑戦してみました。

 

 特に多かった願いは「家族に会いたい。」

 面会制限となってから約10カ月、1度も会っていない方がいらっしゃます。

 何とか願いを叶えてあげたいものです。

 DSC08579.jpg DSC08580.jpg

 

 次に多かったのは「美味しい物が食べたい。」

 寝たきり度の高い入居者様の願いです。スタッフが推測して代筆したのでしょう。

 DSC08581.jpg


 施設を代表し、入居者様、入居者様のご家族、職員の健康を祈願したいと思います。

 本年もよろしくお願い致します。

勤労感謝の日 ★すわべ敬老園★

11月23日(月)は勤労感謝の日です。

この時期になると、近くのかんぎおん保育園の

園児の皆さんがカレンダーを制作し、毎年届けてくださいます。

今年度も代表の先生が届けてくださいました。

DSC08110.jpg

DSC08111.jpg

かわいらしい園児の手形、足形が張り付けられた手作りの

カレンダーはいつ見ても心を和ませくれます。

コロナ禍でも、施設内が明るくなります。

保育園の園児の皆さん、先生方に感謝したいと思います。

毎年ありがとうございます!!

紙すきはがき作り ★すわべ敬老園★

11月に入り、寒さが日に日に増してきましたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

面会制限の継続、外出自粛の影響からイベントがなくなる中で

6月のてるてる坊主に続き、三の丸ユニットでは、

新たに「紙すきはがき」を作ってみようという提案がありました。

―――――― ◎準備する物◎ ―――――――――――――

牛乳パック、ミキサー、アイロン、アイロン台、紙すきセット

 ※紙すきセットは100均のもので代用(工夫してみました!)

―――――――――――――――――――――――――――――

前日から牛乳パックを水に浸し、表面のポリエチレンをはがす作業が

担当スタッフによって行われ、準備完了。

当日は目の前でミキサーにかけ、紙をドロドロにします。

さて、どんなはがきができるのでしょうか。

DSC07435.jpg

DSC07449.jpg

ミキサーにかけた物を枠に流し込み、平らにしていきます。

↓↓ リウマチで手が不自由な方には、おかゆスプーンを代用し、

出来るだけ平らにならにしていただきます。

DSC07462.jpg

ある程度形になってから、アイロンやドライヤーで丁寧に乾します。

DSC07501.jpg

DSC07572.jpg

企画してくれた職員より、「次は年賀状にしましょう。」と

次なる目標が発表されていました。

乞うご期待!!!

納涼祭 ★すわべ敬老園★

8月23日に納涼祭を行いました。

今年度はコロナ禍の影響で3密を避けることが課題となり、

その中でも皆さんに楽しんでいただけるように計画致しました。

それぞれのフロアで催し物を考え、移動は少人数で順番を決め、

会場を回ることにしました。

IMG_0011.jpg

IMG_0192.jpg

IMG_0186.jpg

お食事は焼き鳥、かき氷、チョコファウンテン、パンケーキ、

嚥下が心配な方にはムースケーキ....

目の前で焼いて、甘~い匂いが施設内に広がり大好評。

「疫病退散」と書かれたオリジナルの団扇や

夏の壁画を準備するなど雰囲気作りにも力を入れ、

視覚からも楽しんでいただきました。

今年度はご家族をお呼びすることができませんでしたので、

写真と簡単な近況報告を添えて、送付させていただきました。

敬老会 ★すわべ敬老園★

9月21日は敬老の日。

全国の100歳以上は8万人を超え、50年連続の増加。

国内最高齢は117歳女性、皆さんお元気で驚きました。

すわべ敬老園では9月18日(金)に敬老会を開催いたしましたので

その様子をご紹介いたします。

P1010208.jpg   

今年度の最高齢は99歳(女性2名)です。

99歳は「白寿」 (百(ひゃく)から一引くと白ですね。)

コロナ禍の影響でご家族様をお呼びすることができませんでしたが、

職員よりメッセージカードと写真立てを個々に準備し、

お祝とさせていただきました。

P1010245.jpg

P9180876.jpg

  99歳のご家族様からは、お母さま宛にお手紙を書いていただきました。

 当日は職員が代読。

 心温まる内容で、スタッフ一同感動致しました。

  DSC06943.jpg

 昼食にはお赤飯、刺身、茶碗蒸し.... 栄養課も腕を振るってくださいました。

 行事係手作りのコースター、箸置きも彩を加え、とても華やかに。

 敬老の日ならではの楽しい食事の時間となりました。

P1010286.jpg

  

 

 手紙1 ★すわべ敬老園★

コロナの影響から面会制限となり、約3カ月が経過しました。

入居者様、ご家族様には、今までに経験のない長い自粛生活が継続されています。

 私達にできることは何かないかと思い、

すわべ敬老園では、3~5月はご家族様に写真、近況を郵送させていただき、

様子を知っていただくサービスを提供しています。

DSC05352.jpg

 ご家族様からは、

「快適に過ごせているようで安心しました。」

「会えないけど、元気に過ごせているようで安心しました。とっても穏やかな

表情ですね。」といった有り難いお言葉を頂戴し、

スタッフ一同大変嬉しく思っています。

これからも、入居者様、ご家族様にご満足いただけるような

サービスを精一杯行っていきたいと思います。

 手紙2 ★すわべ敬老園★

施設によっては、オンライン面会という方法もあるようですが、

すわべ敬老園では、職員からの写真と近況報告を郵送、

または、ご本人希望にてご家族様とのFAXでのコミュニケーションを

図っていただいています。

 

先日、あるご家族から入居者I様へ手紙が届きました。

差出人は息子様。

いつも週末になると、お母さんの好きなプリンやカルピスを

届けてくださいます。「会えないけど、渡しておいてください。」と

スタッフは手紙を受け取りました。

 DSC05306.jpg

 

ご本人は受け取った後すぐ封筒を開け、何度も何度も読み返していました。

そっと「嬉しいね。」と仰いました。

 

その後、職員に勧められ、ご自分で返事を書くことにしました。

 

親や子に手紙を書くということは、一生のうちで何度もあることではありません。

 

照れくさくて、なかなか言えない言葉も文字にすると素直に伝えられる所が、

手紙の良いところですね。

送った相手の心を温かくするだけではなく

送った側の心や周囲の心までも温めてしまう。

手紙にはそんな力があるんだなぁと改めて思いました。

 

 季節の飾り ★すわべ敬老園★

コロナ感染症予防のため、バラ園への外出も中止になりました。

「どこへも行けないね、こんな時期だから仕方ないね...」

毎年外出を楽しみにされている女性入居者から、

そんな言葉が聞かれました。

 そこであるスタッフが、何か楽しめることはないだろうかっと考え、

室内でできる行事を計画してくれました。

準備してくれたのは、ティッシュと絵具、カタツムリの壁画。

DSC05213.jpg

DSC05229.jpg

 何を作っているのか、何となくわかりますかね.???

DSC05254.jpg

 テルテル坊主と紫陽花ですね。 かわいい♡

DSC05248.jpg

 絵具を水で薄めて、ティッシュにつけます。

 色の付き方はそれぞれなので、仕上がりは個性的です。

 上手、下手はありませんね。

 体力が落ちてきている方は、ベッド上で参加されました。

DSC05277.jpg

DSC05285.jpg

最後にご自分で顔を書いて......完成!!

DSC05303.jpg

カラフルてるてる坊主、紫陽花の完成!!!!!!

楽しい梅雨が迎えられそうです。

思っていたより、反響があり、楽しく参加され、

いつもとは違った笑顔が印象的でした。

またこういった企画を考えていきたいと思います。

カテゴリ