資料はこちらまで
Q&Aでお悩み解決!
オープンキャンパス予約
オープンキャンパス
学院ブログ
 
  介護福祉士って
 身体上または精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある人に対して、介護に関する専門的知識と技術を用いて、心身の状況に応じた介護(生活支援)を行い、また、その人や介護者に対して相談助言も行います。
これからは福祉サービス充実の中心的役割を担う人材として、社会から注目される有資格です。
 
 
 
 
取得目標資格
介護福祉士(国家資格)
 平成29年度卒業生(平成28年4月入学生)から国家試験受験資格が付与されます。また、29年度から33年度までの間、養成施設(本学)の卒業生は国家試験受験の有無に関わらず、卒業後5年の間は介護福祉士の資格を有することができます。この5年間のうちに、国家試験に合格するか、原則卒後5年間連続して介護に従事するかのいずれかを満たすことにより、引き続き介護福祉士としての資格を有することができます。詳細は上田福祉敬愛学院までお問い合せください。
 
 
 
 
カリキュラム
 2年間に介護福祉士としての専門知識とスキルを身につけます。体験を通じて、実際に学ぶことはもちろん、各科目をバランスよく学べる環境にあります。

 

2019年、上田福祉敬愛学院のカリキュラムの詳細はこちらです。
 
 
 
 
活躍の場
 資格取得後は、高齢社会に対応する社会福祉の仕事の場が様々あります。最も必要とされている介護の知識と技術を思う存分、発揮してください。以下は考えられる就職先の一例です。
活躍の場
 
 
就職活動支援します!
 1年次より「就職セミナー」を開始し、積極的に就職活動を推し進めています。また敬老園ネットワーク内の施設への就職も支援します。
 
 
 
4年制大学への編入
 学院卒業後、更なる学問・専門性を希求する学生のために、4年制大学への編入も認められています。